奇抜なアイデアを求人広告に適用することは、大企業よりも中小企業の方が向いています。大企業は決済するのに役員の了承を得なければならず、個性的な採用戦略ほど時間を掛けて吟味されます。その結果否決されることも多く、結局過去のフォームを使用することになるのです。それに対して中小企業は次々と色々な採用方法を試すことが出来ます。裏を返せばそうでもしない限り、大手と求人広告で勝負することなどできないのです。   求人広告については、これまでに積み上げられたノウハウが各企業の中で眠っているはずですが、それが公にされることはありません。理由は色々考えられますが、広告業界の分業化はその主要因と言えます。業界の壁を越えて通用するノウハウを教示できる人が減少してしまったのです。