中途採用であっても、採用のターゲットを高齢者に絞っている企業は稀でしょう。やはり若者を採用して、長く貢献してもらうことを目的としているはずです。そうであるならば、閲覧者の中でも特に若者を応募に駆り立てるような広告を作成しなければなりません。とはいえ、何が若者を惹き付けるのかを知悉している採用担当者は少ないのではないでしょうか。若者と呼べる年齢層を定義するのも難しい話ですが、一般に第二新卒を含めた30代後半くらいまでを指すと考えられます。20代なら育てる対象として、30代なら即戦力として雇い入れたいことでしょう。獲得の競争率が激しいため、広告には出来る限りノウハウを詰め込まなければなりません。