不採用になった応募者の心配に「応募を辞退した会社から個人情報が悪用されないか心配」といった声が多く挙げられるようです。現在、個人情報に関する意識は高まっており、不採用者の履歴書は、できるだけ返却するようにした方が良いとも言えるでしょう。履歴書を返却しない場合は、あらかじめその旨を広告上に表記するなど応募者に伝えておくと返却されないことを理解した上で応募してくるので、クレームにつながりにくくなるでしょう。広告の文字数などの問題で表記できない場合などには、応募の電話を受けた際や、面接の際などに前もって説明するようにしおくと良いでしょう。個人情報の取り扱いというのは、とても繊細な部分ですので、面接時に説明する場合は誠実に丁寧に説明するように心がけましょう。  また、採用選考時に健康診断書を提出させたり、健康診断などを実施することは、必要ない個人情報を把握する可能性があり、結果就職差別につながる可能性もあります。また、健康状態で採用判断をしたと思われ、クレームや企業の評判を落とす可能性もあるので必要性を充分検討しておくべきでしょう。